全作品解説

【フェルメール】ヴァージナルの前に座る若い女の見どころ・解説【決定版】

【ヴァージナルの前に座る若い女】は近年真作と認定された約32億円の値札がついた名作です。

この作品は、フェルメール作品の中でも「幻の作品」と言われています。

耳飾りちゃん

この記事では、そんな【ヴァージナルの前に座る若い女】について解説します!

①作品の概要

ヨハネス・フェルメール【ヴァージナルの前に座る若い女】の作品概要
基本データ

◎個人蔵

◎1670年ごろの作品

◎油彩・カンヴァス

◎25.2cm×20cm

フェルメール作品の中で最も近年に真作と認定された一枚です。

1904年から知られていましたが、1949年以来、フェルメール追随者の作品とされました。

しかし、2000年代に入って科学調査の結果なども踏まえ、真作と認定されました。

1945年にメーヘレンの贋作騒動が起きたことをきっかけに、個人蔵の本作品も贋作と見られていましたが、1993年に始まった鑑定調査により真作と認定されました。

その根拠は、顔料や女性の髪型・服装が17世紀のものであること、イスなどにラピズラズリが使用されていること、カンヴァスの素材が【レースを編む女】とほぼ同一であることなどです。

耳飾りちゃん

2004年7月にロンドンのサザビーズで競売にかけられ、個人コレクターが1620万ポンド(約32億円)で落札して以降、ほとんど公開されず幻の作品になっています。

おわりに

この記事では、【ヴァージナルの前に座る若い女】の作品の見どころや画法、背景などをまとめました。

耳飾りちゃん

真作には認定されているものの、学者によっては「フェルメール独特の空間性と平面性の豊かな関係が欠如しており真作グループに入れるのにはなお慎重になるべき」といわれている作品でもあります。

下記では、他にもフェルメール作品(全37作品)を一覧にしてまとめていますので、ぜひこちらもご覧ください。

こちらの記事もオススメ