フェルメールとは?波乱万丈の生い立ちについて

フェルメールが描いた作品たちは柔らかな光が注ぎ、静謐さに満ち溢れたものでしたが、その人生は激動そのものでした。

耳飾りちゃん

レンブラントやフェルメールはその作風から「光の魔術師」と呼ばれることも多いです。

この記事では、フェルメールの生涯についてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

フェルメールの生い立ち

フェルメール作品の多くは、完成度が高く、幻想的かつ神秘的な雰囲気を持っています。

そのため、フェルメールにはアトリエにこもって創作活動に明け暮れる“孤高の天才画家”のイメージがつきまといますが、実際はそうではありませんでした。

300年以上前の時代のことなので謎に包まれている部分も多いですが、残された古文書を紐解くと、彼が送った生涯は決して華々しいものではなく、波乱に満ちた生々しいものだったことが確実視されています。

フェルメールが亡くなった後

1675年12月15日、フェルメールは結婚まもなくから住んでいた妻カタリーナの実家で息を引き取りました。(享年43歳)

耳飾りちゃん

フェルメールが亡くなった後の家族や作品たちはどうなってしまったのでしょうか?

おわりに

この記事では、フェルメールの生涯についてまとめました。

下記では、フェルメールの全37作品をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。