その他

フェルメールが生きた時代とは?17世紀のオランダは?

フェルメールが生きた時代とは?17世紀のオランダは?

【牛乳を注ぐ女】【真珠の耳飾りの少女】で有名なヨハネス・フェルメールは「光の魔術師」とも呼ばれる画家であり、オランダのデルフト地方に住んでいました。

フェルメールが描いた作品は静謐で柔らかな光が注ぐような作品が多かったのですが、その時代のオランダは真逆の激動に満ちた時代でした。

耳飾りちゃん

この記事では、そんなフェルメールが生きた時代である17世紀のオランダについて紹介します!

17世紀オランダ・絶頂期

デルフトの眺望のモデル

16世紀半ば、宗教的な対立をきっかけに、オランダはこの地を支配していたスペインに反旗を翻します。(オランダ独立戦争)

オランダは1581年にネーデルラント連邦共和国の独立を宣言し、1609年には休戦協定を結びました。(完全な独立は1648年)

小国のオランダが、なぜ「太陽の沈まぬ国」と謳われたスペインに勝つことができたかといえば、海運業で蓄えた富によって国力を増していたからです。

すでに16世紀からバルト海での中継貿易で成功を治めていましたが、17世紀のオランダは世界に誇る海運国家に発展しました。

1602年に設立された東インド会社はアジア方面へも進出し、海外貿易を独占します。

世界中の船舶のうち、3分の2は東インド会社が保有していると言われたほどです。

オランダはさらに潤い、世界各地の様々な文物が集まりました。

フェルメールの作品には、そうした時代をうつすような小道具が随所に登場します。

耳飾りちゃん

フェルメールが好んだフェルメール・ブルーの原料であるラピズラズリも輸入品でした。

こうして莫大な富を手に入れた市民たちが、社会で力をつけていきました。

王侯貴族に支配されない市民国家という、独特なスタイルが形成されていったのです。

他のヨーロッパ諸国とは異なり、絵画のクライアントも市民階級になりました。

そのため、壮大な歴史画や宗教画より身近な風俗画の需要が高まったのでした。

耳飾りちゃん

ただし、オランダが繁栄の絶頂期を迎えたのは17世紀の前半で、後半には貧しい時代へと変わっていきます。。

フェルメールとその時代

デルフトの火薬庫の爆発

フェルメールは17世紀半に画家としてのスタートを切っています。

衰退したとはいえないまでも、オランダの繁栄ぶりはやや下降線をたどり始めた時期でした。

画家になった翌年には火薬庫の大爆発が起き、デルフトの経済にダメージを与えました。

また、フェルメールの晩年と呼ばれる時期にはオランダとフランスの間に戦争が始まり、国中の経済活動が停滞しました。

耳飾りちゃん

もちろん、フェルメールも繁栄の一端は享受したでしょうが、画家にとっては貧しい時代でもあったのでした。

フェルメールとオランダ年表

天文学者と地理学者
フェルメール年表オランダ年表
1568年オランダ独立戦争
1581年ネーデルラント独立宣言
1602年東インド会社設立
1609年スペインと休戦協定
オランダの全盛期
1632年フェルメール誕生
1641年メーヘレンに転居
1647年修行開始
1648年正式独立
1652年ケープ植民地建設
第一次英蘭戦争
1653年カタリーナ・ボルネスと結婚
聖ルカ組合に加入
1654年デルフトで火薬庫の大爆発
1654【取り持ち女】制作
1664年オランダ領ニューアムステルダムをイギリスに割譲
1668年【天文学者】
1669年【地理学者】
1672年仏蘭戦争
1675年

おわりに

この記事では、フェルメールが生きたオランダについてまとめました。

下記では、他にもフェルメール作品(全37作品)を一覧にしてまとめていますので、ぜひこちらもご覧ください。

こちらの記事もオススメ