フェルメールの技法

フェルメールの技法

この記事では、フェルメールの作品の特徴や技法などをまとめています。

フェルメール作品の5つの特徴と人気の理由

耳飾りちゃん

フェルメールの作品はなぜ人気なのでしょうか?

ここ最近では、ほぼ毎年フェルメールに関する展覧会が開かれてるほどの人気になっています。

フェルメールの作品には他の画家たちにはない大きな5つの特徴がありました。

フェルメールの技法

光を巧みに使った表現方法

フェルメールの作品はどれも静謐で柔らかな光が降り注ぐものが多く、フェルメールは“光の魔術師”と呼ばれるほどです。

フェルメールは「光」をうまく表現するため3つの技法を組み合わせていました。

ポワンティエ

「光」をうまく表現するための3つの技法の中でも「ポワンティエ」は特筆すべき技法だと言えるでしょう。

フェルメールブルー

【青衣の女】や【真珠の耳飾りの少女】などフェルメールの作品には「特徴的な青」が使われています。

その塗料は「フェルメールブルー」と呼ばれています。

線遠近法

フェルメールは、光を巧みに表現していますが、超絶な意匠はこれだけでなく精密に構図を練り上げていることも大きな特徴として挙げることができます。

なかでも、注目すべきなのは、几帳面な「線遠近法(一点透視図法)」です。

作品の特徴

寓意

フェルメールはその作品の中に込められたメッセージを「寓意(ぐうい)」を使って表しました。

手紙

フェルメールは現存する三十数点のうち6点の作品が「手紙」をテーマに取り上げた作品です。

三十数点のうち6点となれば、手紙が占める比率はかなり高いです。

なぜ、フェルメールは「手紙」をテーマによく取り上げたのでしょうか?

それは、当時のオランダ社会事情と関わりがあります。

ヴァージナル

フェルメールの作品には、手紙やワイングラスなどの様々なお馴染みのモチーフがありますが、ヴァージナルもその一つです。

一体フェルメールはどのような意味をこめてヴァージナルを作中に描き出したのでしょうか?

トローニー

トローニーとは、不特定の人物の胸あたりから上を描いた作品のことです。

初めは物語画などの部分習作として制作されていましたが、やがて完成作として流布するようにもなりました。