フェルメールについて

フェルメールの全盛期は?成熟の時代

フェルメールの全盛期は?成熟の時代

【牛乳を注ぐ女】【真珠の耳飾りの少女】でお馴染みのヨハネス・フェルメールですが、最初は物語画家から出発し、後に風俗画家に転身しました。

そして1660年代には、フェルメールが自分の型を確立し、そのバリエーションを様々に工夫して、私たちがよく知るいわゆるフェルメール作品を生み出していきました。

耳飾りちゃん

この記事では、そんなフェルメールの全盛期について紹介します!

成熟の時代

手紙を書く女

当時のオランダの画家たちは、美術市場というあてにならないマーケットに向けて仕事をしていました。

そういう場で買い手を見つけるには、他の画家の作品との違いが最も重要になってきます。

多くの場合、画家たちは携わるジャンルを専門化し、効率的な腕の向上と制作を狙いましたが、フェルメールはあくまで質を重視して市場と対峙してきました。

耳飾りちゃん

一目見て、「あっ!フェルメールの作品だ!」となれば、買い手は動き、次の買い手を誘い込めますよね。

全盛期の作品の特徴

青衣の女

この頃の作品には、白と黒の大理石が敷き詰められた清潔な部屋の一隅にたたずみ、座る女性が多いです。

たいていが左側に窓があり、そこから北方の弱く、柔らかな光が差し込んできます。

女性は時折男性とともそこでおしゃべりを楽しみ、音楽の稽古に励み、お酒を嗜みます。

あるいは独り家事に没頭し、手紙を読み、書き、受け取り、身支度をし、音楽を楽しみます。

寓意画で主人公が一人になってもこの型は守られ、一目でフェルメール作品と識別できました。

耳飾りちゃん

この頃から、「フェルメールらしさ」が作品に際立つようになっていきました。

この頃の作品一覧

絵画芸術
牛乳を注ぐ女1660年(28歳)
ワイングラス1661年(29歳)〜1662年(30歳)
水差しを持つ女1662年(30歳)
リュートを調弦する女1662年(30歳)〜1663年(31歳)
音楽の稽古1662年(30歳)〜1664年(32歳)
真珠の首飾りの女1662年(30歳)〜1665年(33歳)
青衣の女1663年(31歳)
天秤を持つ女1664年(32歳)
合奏1665年(33歳)
手紙を書く女1665年(33歳)
真珠の耳飾りの少女1665年(33歳)
赤い帽子の女1665年(33歳)〜1666年(34歳)
少女1665年(33歳)〜1667年(35歳)
フルートを持つ女1665年(33歳)〜1670年(38歳)
絵画芸術1666年(34歳)〜1667年(35歳)
婦人と召使い1666年(34歳)〜1667年(35歳)
天文学者1668年(36歳)
地理学者1669年(37歳)

おわりに

この記事では、フェルメールの全盛期の様子や作品についてまとめました。

フェルメールは40代で亡くなっており、全盛期も他の画家に比べると短かかったようです。

耳飾りちゃん

30代後半からはフェルメールの晩年と呼ばれる時期に差し掛かっていきます。

下記では、フェルメールの晩年についてまとめていますので、コチラもぜひ参考にしてください。

こちらの記事もオススメ
フェルメールの青年期は?物語画家としての出発 フェルメールについて

フェルメールの青年期は?物語画家としての出発

フェルメール全37作品解説
【牛乳を注ぐ女】や【真珠の耳飾りの少女】でお馴染みのヨハネス・フェルメールですが、最初から風俗画を描いていたわけではなく、初めは物語画家として出発していました。 耳飾りちゃん  …